人気のトータルビューティーサロンfree nail(フリーネイル)

  • WEBなら24時間簡単予約
  • 店舗別予約へ
セルライト
2017年10月30日更新

撃退!!セルライト( ゚Д゚)

こんなお肉ついてたかな??
とか思ってちょっとお肉をギュッと絞ってみると
ボコボコのなにかが現れますよね…
そのにくき正体とは…セルライトです((+_+))

 

そもそもセルライトの正体とは??

ずばり!
【脂肪と老廃物が固まったもの】
です。( ゚Д゚)

皮下脂肪が多すぎると、脂肪細胞は肥大化して、
血管やリンパ管を圧迫しセルライトができるのです。

09e85ff98c946cc98b96a8d72071c784_s

皮下脂肪が多いというと、肥満の人を思い浮かべるかもしれませんが、
実はセルライトは痩せている人にも現れます。

運動不足、ストレス、代謝不良、偏った食事、
冷えやむくみによる血行不良、老化等が、
セルライトをできやすくする要因です。

そのため、痩せている人にもできるというわけです。

でも、これらの原因でセルライトができてしまうことが
分かっているのであれば日頃から、できないように
生活習慣を見直してみればいい
ということになりますよね^^。

脂っこい料理を好んで食べたり水分を摂らずにいると、
血がドロドロになって血行不良を引き起こし、
冷えやむくみの原因になります。

脂肪が燃える順番は
内臓脂肪皮下脂肪セルライト
だと言われています。

セルライトがつきやすい条件

  • 運動不足で基礎代謝が悪化→老廃物がたまりやすくなる
  • 早食い→血糖値が急上昇することによって脂肪が体につきやすくなる
  • 脂肪分を取りすぎる→セルライトができやすくなる
  • 濃い味付け→むくみやすくなる
  • 体を冷やす→自律神経が低下して脂肪を溜め込みやすくなる

しかも!!この憎きセルライト、実は、2~3年かけてじっくりと
肌表面に凹凸として現れてくる
ということ、、、知ってましたか??

つまり、今、お肌に凸凹がなくても、着々と
「セルライト予備軍」が作られているのです!( ゚Д゚)!!

そして、まわりの毛細リンパ管や毛細血管を押しつぶし、
巡りが悪くなることによって、カラダに不要な老廃物が溜まり
固いセルライトへと変わっていきます。

そして、時間を経てお肌の表面に凸凹としてあらわれ、

新たにセルライトがセルライトをという
「悲しい負のスパイラル」が始まっていくのです、、、

意図的に力強くマッサージすると、毛細血管が破れ脂肪細胞が流れますが、
コラーゲンの再生機能のせいで、脂肪を大きくしてしまいます。
また脂肪をつぶし脂肪細胞を分裂させると、分裂した脂肪を
保護しようと働くため、これもまた新しいセルライトを生み出してしまうのです( ;∀;)

え?でもエステでは潰してるんじゃないの??と感じている方も…

エステではセルライトをつぶす前にキャビテーションやラジオ波
というような高周波機器を使って脂肪を分解し、破壊しています。

エステティシャンはその老廃物を排出するために強めのマッサージを行うのですが、
その姿を見て「強めのマッサージをしてセルライトをつぶす」
という認識が広まったと考えられます

つまり、セルライトを潰していたのではなく、老廃物を流していたのです。

やはりプロに施術を任せることが一番ですね( ^ω^ )

freenailでもそんなダイエットのお手伝いができるように
痩身エステも始めました!!

でもまずはセルフでできるセルライト対策も実践して
心がければよりセルライトだけでなく健康的な身体になることができます♪

1、身体を温める!

セルライトができる一番の原因は「冷え」

体を温めることで、血行を良くし、
代謝を上げるため、脂肪燃焼する力が大きくなり、
セルライトを解消することができます。

2、自宅で簡単マッサージ!

セルライトの解消にはマッサージも効果的です

1236bdbefe494eb3d7ce9f3c4c7dcfc8_s

硬くなってしまったセルライトを揉みほぐし、
溜まった老廃物流れやすくしてあげるのです

マッサージの効果は血流がよい方が得られやすいので、
まずは、事前に体をよく温めましょう
入浴中や入浴後に行うのが最適です♪

 

肌が乾燥した状態で行うと皮膚を傷つける可能性があるので、
マッサージ用のオイルやクリームを使用して行いましょう
freenailでも取り扱っているBODY OH !マッサージもお勧めですよ(^^♪

body-oh
購入はこちら

 

セルライトは、年齢に比例するように大きく広がっていきます。
美肌、そして健康のためにもセルライトをなるべく作らないことが大切です。
そのためにも日頃から「カラダの巡り」「代謝アップ」を
心がけたライフスタイルを目指しましょう。